STAFF MESSAGE

Daiwa Sakura Aid スタッフの想い

桜の保全を活動の軸にみなさんと共に受け継いでいきます

1300年の歴史を紡いできた桜の聖地・吉野をはじめ、
日本全国の桜の元気がなくなってきているようです。
そんな桜の今を、まずはひとりでも多くのみなさんに伝え、分かち合いたい
その一心から、Daiwa Sakura Aidの活動を始めました。
様々な活動を通じて共感してくれた人の中からも
ひとり、また一人と仲間が増えてきました。

Daiwa Sakura Aidは、桜そのものを保全するだけでなく、音楽や写真などの力を借りて皆様方とつながっていきたいと願っています。
文化や芸術、歴史を含め、桜にこめられた一人ひとりの思い出やスト―リーを大切に、共に次世代へ受け継いでいく活動をこれからも続けていきます。

大和ハウス工業Daiwa Sakura Aid 実行委員会 リーダー内田 雄司